芸術的経営者を追求する、江幡公認会計士税理士事務所の心のブログ

恩師K教諭との再会

 約10年ぶりに恩師K教諭と再会した。お互いに年をとったわけだが、以前のような会話、いや、以前の会話に輪をかけた会話になるまで、そう時間を必要としなかった。
 恩師K教諭は人生を達観している。高校生の時に既に「人に求めない」行き方を選んだという。話した話題に枚挙に暇がないが、もっとも衝撃的だったのは、パスカルの言葉である。恩師K教諭によれば、「人間は考える葦である。」などとほざくパスカルは「ケッ」という感じだったらしいが、その後、同じくパスカルの「人生は死ぬまでの暇つぶしである。」という言葉を知った時、度肝を抜かれたそうだ。私はその時初めて知った言葉なのだが、直感では度肝を抜かれたが、分かったようで分からないような言葉だ。まだまだ時の経過が必要なようだ。
 いずれにせよ、恩師K教諭のトークは御健在で嬉しかった。益々深みを増す恩師K教諭には、折を見てお会いし、人生の考察を深めていきたい。

EBJ

View more posts from this author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。