芸術的経営者を追求する、江幡公認会計士税理士事務所の心のブログ

自分の手で書くということ

この期に及んで、今さらながら、気付いた。

何か書類を作成する場合、
まずは、骨子・概要を「手書き」で書く。
つまり、どのような内容にするかを考えることだけに集中するのである。

一方、いきなりパソコンのアプリで作成しようとすると、
どうしても「見た目」も気にしてしまう。

どんな書類でも、最も大切なのは内容だ。
例えば、綺麗な提案書を作成する時間はないが、とにかく急ぐ時は、
手書きのもので提案してもよいと思う。
人を待たせるよりはよっぽどよいだろうし、
手書きゆえの気持ちが伝わるかもしれない。

手書きの提案書を作成してみたい方は、弊事務所までご連絡ください。

追伸
JAL工場見学で買った0.9mmのシャープペンシルが非常に書き易い。


エキテンプロ

EBJ

View more posts from this author
2 thoughts on “自分の手で書くということ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA