芸術的経営者を追求する、江幡公認会計士税理士事務所の心のブログ

御食事中なら申し訳御座居ません。

本来は必要のないあるモノを長い間摂取していたが、
(調べによると)そのあるモノによって体のバランスを保っていた面があったため、
そのあるモノを絶ってから体のバランスが崩れている。
ただし、体調が悪いわけではない。

三保通信の連載便秘10によると、
「癌は慢性腸麻痺の最終段階である。それは結腸のみならず、胃腸管の他の部における排泄欠陥を語る物語の最終章である」とのこと。

とても頷ける。
私なりの解釈は、つまり、
 
 糞が出ない
⇒腸内に毒が溜まっている
⇒肝臓等の内臓が機能できない
⇒毒がどんどん体内に溜まる
⇒病気になる

ということなのだろう。
諸説あるだろうが、自分の身は自分で守ることが重要である。

EBJ

View more posts from this author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA